読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

電力自由化・発送電分離:セブンイレブンが関西地方の約1,000店舗の電力購入先を東京電力に変更

電力自由化・発送電分離 資源エネルギー政策

電力の小売完全自由化に向けた業界各社の動きが活発化する中で、一つ大きなニュースが入ってきました。

セブンイレブンが、関西地方の約1,000店舗で使用する電力の購入先を関西電力から東京電力に変更するとのことです。

www.sankei.com

関西電力は保有する全ての原発が停止してからというもの、電気料金の値上げが相次いで来ました。

2015年4~6月期の連結決算で4年ぶりに同期では黒字に転換しましたが、依然として厳しい経営状況が続いています。

2013年4月に平均で17.26%もの電気料金値上げを行いましたが、今年の10月以降には更に平均で11.50%の値上げが予定されているというのが実態です。(いずれも法人向け)

このような状況下で、関西電力よりも東京電力から購入する方が安いということになり、今回の切り替えに至ったと報じられています。

一方の関西電力も関東地方に火力発電所を取得するなどして、東京を中心とした需要家獲得に向けた動きを強めています。

コンビニ最大手のセブンイレブンが動いたことで、国内の二大電力消費地間での顧客争奪戦は更に激しさを増していきそうです。