読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

速報:水害で浸水した太陽光発電設備に関する注意喚起 JPEA

茨城県や栃木県を中心に豪雨による水害が相次いでおり、ニュース映像でも太陽光発電所が浸水したり押し流される様子が報じられています。

この状況を受けて、太陽光発電協会(JPEA)が水害によって被害を受けた場合の対処に関する情報を公表しました。

 

【注意喚起】太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について

JPEA 太陽光発電協会 Japan Photovoltaic Energy Association

 

太陽光発電設備内で断線などが起きている場合、あるいは破損している太陽光パネル自体では、光が当たると直ちにパネルが発電してしまうため感電事故に繋がります。

また、インバーターなども解列されていないとショートや感電の恐れがあります。

水害を受けた発電所への対応は、必ず施工業者や電気主任技術者などの専門家と行うと共に、流されてきた太陽光パネルなどを見つけてもむやみに触らないようにしてください。