読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

再エネ業界ニュース:つくば市が「再生可能エネルギー発電設備 設置に関する要望書」を経産省に提出 再エネ発電設備の設置基準を定めるように要望

以前、筑波山の山腹における太陽光発電所の建設問題と、それに対するつくば市再生可能エネルギー発電設備に対する規制条例案を取り上げました。

そのつくば市が、経済産業省に対して再生可能エネルギー発電設備 設置に関する要望書」を市長名で提出したと発表しました。

www.city.tsukuba.ibaraki.jp

つくば市の要望書に掲げられているのは、下記の2点です。

  1. 再生可能エネルギー発電設備 の適正な設置に関する基準等を定めた法令を制定すること
  2. 再生可能エネルギー認可事業にかかる情報を地方公共団体 と共有し,国民の安全・安心に資すること

要望書の中でつくば市は、全国各地で再生可能エネルギー発電を巡る問題が起きている現状に対して、

「再生可能エネル ギーの発電事業を推進する趣旨の法律はあるものの,その発電設備の適正な設置を監視する法令の規定がないこと,さらに,再生可能エネルギー認可事業にかかる情報が地元自治体に提供されないことが,根底にある」

としています。

各地で地方自治体による再生可能エネルギーの設置規制条例が設けられてはいますが、強制力のあるもの、開発を直接差し止めるものは制定できないのが現状です。

山梨県や長野県で大規模なメガソーラーに対する環境アセスメントが実施されてはいるものの、対象となるものは一部に限られます。

今回のFIT法改正に伴う計画認定制度への移行とあわせて、より幅広い発電設備を対象とした規制を考えるべきでしょう。

 

 【過去の関連記事】

cee.hatenablog.jp