読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

ソーラーシェアリング:収穫の秋に向けて 蕎麦が順調に育っています - 匝瑳飯塚 Sola Share 1号機

9月も半ばに入り、匝瑳市では稲刈りも終わって収穫の秋を迎えています。

自社のソーラーシェアリング「匝瑳飯塚 Sola Share 1号機」では、秋蒔きとなった蕎麦が順調に育っているところです。

f:id:chibaecoenergy:20160915093825j:plain

当初は大豆を蒔いていましたが、鳩によってほとんどの新芽を食い荒らされてしまい、蕎麦を蒔き直してから1ヵ月半が経ちます。

下の写真のように花も咲き始め、8月半ばからの複数回に亘る台風の襲来にも負けることはありませんでした。

f:id:chibaecoenergy:20160915094016j:plain

周辺の畑では大豆(枝豆)が間もなく収穫期に入ります。

蕎麦も10月には収穫できる見込です。