読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

電力小売自由化:再生可能エネルギーの融通で広がる地方自治体の連携 - 福岡県みやま市と大分県豊後大野市

再エネ業界ニュース 自然エネルギー 電力自由化・発送電分離 地域活性化 新電力

FITの導入以降、 地方自治体による再生可能エネルギー発電事業が拡大してきました。

その発電設備を利用した新電力の設立も少しずつ増えてきた中で、その先駆者である福岡県みやま市(みやまスマートエネルギー)が大分県豊後大野市再生可能エネルギーの普及などを目指した連携協定を結んだことが報じられています。

www.itmedia.co.jp

再生可能エネルギー利用では、様々な地域に賦存する自然資源からエネルギーを生産していくことになりますが、市町村という人工的な線引きの中では資源量や種類に偏りが出てきます。

それを、地域間連携によって相互補完できるようになれば、単独の自治体だけでは取り組めない、あるいは取り組む動機付けが低い状況を打開することができます。

今後、再生可能エネルギー事業に意欲的な自治体を中心に、さらに近隣の自治体を巻き込むような形で同様の連携が広まっていくべきと考えます。