読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

再エネ業界ニュース:東証のインフラファンド市場に第2号のファンドが上場 - いちごグループ

固定価格買取制度(FIT) 再エネ業界ニュース 自然エネルギー ファンド

東京証券取引所が開設しているインフラファンド市場に、10月24日付で「いちごグリーンインフラ投資法人の上場が承認されました。

国内第2号となるメガソーラーの上場インフラファンド

タカラレーベン・インフラ投資法人に次ぐ第2号の上場となり、投資口数は5万180口(出資総額:50億1,800万円)になるということです。

techon.nikkeibp.co.jp

同ファンドはメガソーラーへの投資を対象としており、上場時点では13案件・25.8MWの太陽光発電所を投資資産として保有、ファンドへの資産譲渡総額は100.1億円と公表されています。

FIT価格は40円案件が9件を占めており、また全案件のうち7件が北海道の発電所であるほか、最も大きい発電所として沖縄県名護市に所在する8.44MWの設備が唯一の特高案件となっています。

今後も続くインフラファンドの上場

同様のメガソーラーを対象としたファンドは、他にネクストエナジー・アンド・リソース社が年明けの上場申請を準備していると報じられており、また既存の各ファンドも資産規模を増やしていくことが示唆されています。

一方で、メガソーラーはこれまで国内での長期運用実績がほとんどなく、FITがあるとは言えこれらのファンドがどれだけの運用成績を上げていけるのかは予想できません。

各投資会社などが個別にメガソーラーへの投資ファンドを組成している事例は複数ありますが、今後このようなインフラファンドの上場が増えてくるのかどうか、それが再生可能エネルギーの普及と社会への定着にどういった意味を持つのかは、引き続き考えていく必要があります。