読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

ソーラーシェアリング:アースデイ東京2017を振り返る - ソーラーシェアリング・ブース出展しましたレポート

GW前の4/22~23にかけて代々木公園で開催された『アースデイ東京2017』で、城南信用金庫の協賛をいただきソーラーシェアリングの特別展示ブースを設けました。

1日目は曇天でしたが2日目は快晴に恵まれ、代々木公園の渋谷区役所側入り口からすぐという好立地もあって多くの方に立ち寄っていただけたので、当日の様子を簡単にレポートします。

 ①スマートターンによるソーラーシェアリングの実機展示(1.05kW)

発電した電気は後方にあるステージの電源として2日間活用しました。

f:id:chibaecoenergy:20170510062941j:plain

 ②ブース全景

渋谷区役所側から入ると、この様な形でソーラーシェアリング設備+テントという陣容でお出迎え。

f:id:chibaecoenergy:20170510063104j:plain

 城南信用金庫の吉原相談役と

今回の企画展示を全面バックアップしていただいた、城南信用金庫の吉原相談役とツーショット。この後に、メインステージ&トークテントでソーラーシェアリングについてお話ししました。

f:id:chibaecoenergy:20170510063451j:plain

④メインステージでのトーク

イベント会場内のメインステージで、吉原相談役、匝瑳メガのモジュールサプライヤーであるWWB社の龍社長と共に、ソーラーシェアリングの紹介トーク

ここから『100億円のソーラーシェアリングプロジェクト』がスタートします。

f:id:chibaecoenergy:20170510063644j:plain

トークテントでのトークセッション

場所を移して、会場内トークテントにてソーラーシェアリングの普及と社会的インパクトに関するトークセッションです。

f:id:chibaecoenergy:20170510063710j:plain

非常に多くの方に関心を持っていただき、後半にはテントの周囲に多くの立ち見が出るほどの大盛況でした!

f:id:chibaecoenergy:20170510063630j:plain

『100億円のソーラーシェアリングプロジェクト』

今回のアースデイ東京へのブース出展では、匝瑳メガソーラーシェアリングの完工という大きなトピックのPRの他に、これを契機とした『100億円のソーラーシェアリングプロジェクト』のキックオフを宣言するというのも大きな目的の一つでした。

果たして何が100億円なのか?はまだ秘密ですが、これから更にソーラーシェアリングを普及させていくための取り組みとして一気に新しい仕掛けを進めていきますので、また詳細は逐次お知らせしていきます。