読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

再エネ業界ニュース:カネカが結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高変換効率を達成 - ヘテロ接合バックコンタクト型で24.37%

固定価格買取制度(FIT) 再エネ業界ニュース 自然エネルギー

NEDOが10月27日付で、株式会社カネカが結晶シリコン太陽電池モジュールで世界最高の変換効率となる24.37%を達成したと発表しました。

www.nedo.go.jp

セル単位の大幅な変換効率向上

この研究は、NEDO「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」プロジェクトとして実施されていたもので、セル単位の変換効率は26.33%を実現しているとのことです。

現在の市販モジュールの変換効率が15~18%程度であることから、今回の24.37%というのは大幅な性能向上です。

かつて、三洋電機が開発したHIT(ヘテロ接合型)太陽電池モジュールは19%(セル単位では21%以上)を超える変換効率を誇りましたが、それを上回る製品の実用化に目処がついたと考えられます。

今回の技術開発により、NEDO太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)の目標である2020年に発電コスト14円/kWhを達成するために必要とされる変換効率22%を上回ったことで、その目標達成に向けた大きな前進を果たしたと言えるでしょう。