ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

ソーラーシェアリング:ソーラーシェアリング推進連盟 設立記念シンポジウム報告

5月31日に開催された「一般社団法人ソーラーシェアリング推進連盟設立記念シンポジウム」は、開催3週間前の告知にも関わらず参加者250名という大盛会となりました。

農林水産省の通知によってソーラーシェアリングの導入が制度化されてから丸5年、全国各地に累計で1,269件の設備が設置され、地域の農業活性化に向けた取り組みが増えてきています。

今回の設立記念シンポジウムでは、ソーラーシェアリングの発案者である長島彬先生の基調講演に始まり、農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課再生可能エネルギー室の鎌田室長による制度改正のお話の後に、各地でソーラーシェアリングによる地域と農業の活性化に取り組む全国ご当地エネルギー協会の皆様に、テーマセッションとして事例報告をしていただきました。

最後にはパネルディスカッションを行い、ゲストとしてパタゴニア日本支社の辻井支社長、横浜環境デザインの池田社長をお招きし、ソーラーシェアリングによって実現するこれからの社会についてトークしました。

f:id:chibaecoenergy:20180613125343j:plain

ソーラーシェアリング推進連盟 関係者一同

世界の再生可能エネルギー普及が急速に進み、我が国のエネルギー政策も転換期にある中で、今回のシンポジウムにこれだけ多くの方の参加を得られたことで関心の高まりを感じています。

当日の様子はソーラーシェアリングWebやITmediaで詳報されていますので、下記記事をご覧ください。

ソーラーシェアリングの盛り上がりを実感! 連盟シンポジウムレポート (1) – ソーラーシェアリングWeb

 

www.itmedia.co.jp

イベント情報:PVJapan2018にてソーラーシェアリング・サロンを開設 - 農林水産省の協力で実現

明日、6月20日からパシフィコ横浜で開催される「PVJapan2018」の準備も佳境となり、今回開設するソーラーシェアリング特設ブース『ソーラーシェアリング出張相談所 i n 横浜』の全貌が見えてきました。

f:id:chibaecoenergy:20180619093344j:plain

展示内容

などなど、ソーラーシェアリングの最新情報が集まる3日間となります!

農林水産省の協力をここまで得たソーラーシェアリングのイベント出展は、おそらく史上初です。

本イベントの詳細は、下記の主催者Webサイトをご覧ください。

www.jpea.gr.jp

ソーラーシェアリング:「ソーラーシェアリングの営農サポートサービス」が次々メディアに! - エコ・マイファームの新サービス

先月末にリリースした、エコ・マイファームによるソーラーシェアリング向け新サービスが、徐々に注目を集め始めて各メディアに取り上げられ始めました!

今回リリースしたのは、ソーラーシェアリングへの「営農者マッチングおよび営農サポートサービス」です。主立ったところでも、下記の3つのメディア(日経XTECH, ITmedia, 環境ビジネス)に取り上げていただきました。

tech.nikkeibp.co.jp

www.itmedia.co.jp

www.kankyo-business.jp

今回のサービスのターゲットは、ソーラーシェアリングで地域の農業活性化を進めたいものの、地元の農業者が高齢者ばかりで後継者が見つからなかったり、耕作放棄地の再生を進めるにあたって新規で営農してくれる人材が不足していたりといった悩みを抱える方々です。

特に若手の後継者不足は深刻で、事業開始当初は現在の営農者だけで進められそうだけれど、5年後や10年後にバトンを渡していく人材が確保できていなければ見切り発車になってしまうし、そうはいっても一度地域を離れた若者を呼び戻せる訳もなく...

といった悩みを非常に多く耳にします。

一方で、事業拡大を考えたい農業法人や、Uターン・Iターンを含めて新規就農を希望する人々も多く、そういった人たちにとっては「どこの地域であれば新たな農業者として受け入れて貰えるか」という情報の少なさが一つの悩みになっています。

他にも様々なアプローチがありますが、自然エネルギーを切っ掛けにした農業活性化に貢献するものとして本サービスを展開していきます。

詳しくはエコ・マイファームまでお問い合わせください!

ソーラーシェアリング:農林水産省の営農型太陽光発電取組ガイドが更新 - 千葉エコが表紙になりました!

農林水産省による営農型太陽光発電の通知改正を受けて、ソーラーシェアリング界隈が大きな盛り上がりを見せる中、農水省も着々と資料のアップデートを進めています。

その中で、昨日6月14日付けで改定された「営農型太陽光発電取組ガイド」の表紙&事例紹介にて、千葉エコの匝瑳1号機が取り上げられました!

f:id:chibaecoenergy:20180615074908j:plain

営農型太陽光発電取組ガイド 表紙

営農型発電について:農林水産省

昨年の11月には公表されていたこの「取組ガイド」ですが、ほとんど世の中に知られることなくひっそりと掲載されていた中で、実は金融面でのソーラーシェアリングに対する支援施策など重要項目が載っています。

ソーラーシェアリングの導入フローなども掲載されていますので、是非ご覧ください。

お知らせ:PVJapan2018にソーラーシェアリング特設ブースを出展 - 農林水産省からスペシャルゲストも

突然のお知らせですが、6月20日~22日にパシフィコ横浜で開催される「PVJapan2018」に、「ソーラーシェアリング特設ブース」を出展することになりました!(協賛:城南信用金庫

www.jpea.gr.jp

この太陽光発電業界の一大イベントに、ソーラーシェアリング一色のブースを4小間使って展開します。各種パネル展示のほか、ブース内トークセッションも盛りだくさんの内容にしつつ、交流サロンのような雰囲気も醸し出す予定です。

今回は前代未聞の企画として、農林水産省再生可能エネルギー室の淺野課長補佐にブースへ立っていただく(20日午後のみ)ほか、21日には同再生可能エネルギー室の鎌田室長とのブース内トークセッションも行います!

22日には出展者セミナーに私が登壇するほか、他にもスペシャルゲスト・展示企画を用意していますので、ソーラーシェアリングの最新情報・最先端に触れられる3日間に是非ご来場ください。

f:id:chibaecoenergy:20180613101125j:plain

プレスリリース