読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

ソーラーシェアリング:自社保有のソーラーシェアリング "匝瑳飯塚 Sola Share 1号機" が稼働しました

昨年から計画を進め、2月から工事が始まっていた、千葉エコ・エネルギーとして初の自社保有ソーラーシェアリングプラントが匝瑳飯塚 Sola Share 1号機」です。

 

発電所全景 1】

f:id:chibaecoenergy:20160424102427j:plain

所在地は難読市町村名トップに輝く千葉県匝瑳市(そうさし)で、 大まかな発電所の諸元は以下のようになります。

  • 所在地:千葉県匝瑳市飯塚
  • 定格出力:49.5kWp(AC) / 55.16kWp(DC)
  • モジュール:Amerisolar AS-5M12 単結晶70W 788枚
  • PCS:SMA AG STP10000TLEE-JP-11 9.9kW 5台
  • 架台:単管パイプ(Φ48.6mm) スマートブレス接合
  • 地上高:2.5~3.4m(地形傾斜による)
  • 追尾装置:太陽同期可変式システム「スマートターン®」
  • 遮光率:32.15%
  • 栽培作物:大豆

 

発電所全景 2】

f:id:chibaecoenergy:20160424102431j:plain

発電設備の設置高は、農林水産省の新通達に基づく「地上高2m以上」から更に余裕を持たせており、遮光率も多くの作物に適するとされる33%を下回る設計としました。

設備下での営農は、地元農家の皆さんと共同で設立した「Three little birds合同会社が担い、この地域における耕作放棄地の再生と自然エネルギーの生産を進めていきます。

まずは自社1号機となるソーラーシェアリングが完成したことで、今後は発電も営農も実際のデータを集めていくことが可能になるため、情報発信や他地域での導入支援を含めた事業を更に広げていきます。