ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

農業:千葉県香取市にある和郷園を視察 - 『農業生産者の自律』

営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を起点として農業への取り組みを深めていく中で、ご縁があって千葉県最大の農事組合法人である和郷園を訪問しました。

千葉県香取市に所在し、農作物の生産・加工・出荷に加えてバイオマス資源リサイクルなどにも取り組まれており、今回は視察という形で受け入れていただきました。

f:id:chibaecoenergy:20170530072246j:plain

最初に和郷園の木内代表と面会し、和郷園の始まりから今に至るまでの事業における理念や、現在のわが国の農業に対する考え方などを伺いました。

今回は、ソーラーシェアリング上総鶴舞の高澤さんとご一緒に伺いましたが、営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の話よりも先の、地域における農業・千葉における農業を今後どのように進めるべきかについてのご意見もいただきました。

f:id:chibaecoenergy:20170530072533j:plain

会談後は、加工・出荷場の視察のほか、食品加工時の残渣を利用したバイオマスリサイクルセンターや、農園リゾートTHE FARMなど各施設を視察し、農業を中心とした一体的な取り組みの一部を知ることができました。(下記写真はバイオマス発電プラント)

f:id:chibaecoenergy:20170530072238j:plain

下記は農園リゾートTHE FARMのグランピングエリアの写真ですが、雑木林だった谷間の地形を上手く活かし、素晴らしいリゾートエリアとして開発がされています。

写真中央右手には棚田があるほか、その下部の調整地になっている場所ではカヌー教室も開かれるということです。

f:id:chibaecoenergy:20170530072233j:plain

この他にもTHE FARM CAFEや体験農園施設、温泉施設等が一体的に整備されており、『農業リゾート』としてのコンセプトを持ったエリアとして目覚ましいものがあるように感じました。

現在、全国で自然エネルギーを活用した農業振興策を展開していますが、その中で単なる六次産業化にとどまらない取り組みを図ろうとする中で、今回の視察は非常に学ぶところの多いものだったと思います。

ソーラーシェアリング:秋田県南秋田郡井川町で水田ソーラーシェアリングが完成 - 北東北初の事例

一昨年から秋田県にて営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の新たな展開を探るべく動いていましたが、去る5月8日ついに第1号の水田ソーラーシェアリング設備が完成しました!

f:id:chibaecoenergy:20170524093019j:plain

今回設置したのは秋田県南秋田郡井川町で、地場の太陽光パネルメーカーであるアイセスとの共同開発事業となります。

ソーラーシェアリング専用スリムタイプモジュールアルミ製架台を開発し、現地での水稲耕作に使用される農業用機械の規格にあわせた支柱間隔や梁の設計となっています。

秋田県内では水田でのソーラーシェアリングとして第1号の事例となり、先週19日には『あきたこまち』の田植えを報道陣にも公開する形で行いました。

f:id:chibaecoenergy:20170524093758j:plain

この田植えには秋田県内の全てのテレビ局のほか、新聞各社も取材に来たことで様々なメディアで取り上げられています。

私もNHK秋田放送局ほか各局のインタビューを受け、同日夕方には各所で放送されたようです。

f:id:chibaecoenergy:20170524094608j:plain

下記が、現在Web掲載されている記事の一部になります。

www.kahoku.co.jp

www.sakigake.jp

this.kiji.is

井川町の設備が完成したことで、これまで進めてきたソーラーシェアリング用の資材並びに事業スキームが一つのモデルとして固まったため、これから秋田のみならず全国的な事業展開を図ることができるようになりました。

また、水稲への遮光による影響や、積雪地における発電量の野立て設備との比較などを行い、農業並びに発電事業としての実証も重ねていく計画です。

講演情報:太陽光発電検査協会の技術部会にて営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の技術講演

先週は長野・名古屋・京都にて営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の講演をさせていただき、大忙しの1週間でした。

その中で、5月18日には京都にあるけいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)にて開催された、太陽光発電検査協会の技術部会にお招きいただき、営農型太陽光発電の技術講演をさせていただきました。

講演の題目は『長期安定稼働を目指した営農型太陽光発電設備の導入』です。

f:id:chibaecoenergy:20170521064900j:plain

普段の講演では、営農型太陽光発電の制度や事例紹介を中心にお話することが多いのですが、今回は技術部会での講演ということで営農型太陽光発電の技術的な部分にもフォーカスしながらのお話です。

特に、匝瑳の事例や先日完成した井川町の水田ソーラーシェアリングを例に挙げ、スリムタイプモジュールという点は踏襲しながらも、改正FIT法対応・改正JIS対応を目指した経済性を備えたアルミ・鋼管架台による設計や基礎構造、新型モジュールの特長などの説明に力を入れました。

また、野立てとのO&Mの違いについても言及し、営農型太陽光発電の持つポテンシャルと社会的な意義から今後のポストFIT下においても、大きな普及が図れる点なども強調させていただきました、

f:id:chibaecoenergy:20170521065110j:plain

同協会とは3年以上の付き合いですが、太陽光発電のO&Mに関わる組織としては全国最大規模にまで成長しているということで、今後も協力してPVマーケットの成熟に向けた取組を進めて行ければと思います。

ソーラーシェアリング:文部科学省の『産学連携活動の取組事例』に掲載されました - 匝瑳ソーラーシェアリングプロジェクト

匝瑳市飯塚地区で進めているソーラーシェアリングプロジェクトが、文部科学省の『産学連携活動の取組事例』として掲載されました!

千葉大学発のベンチャーである千葉エコ・エネルギーと、千葉大学との産学連携プロジェクトという位置づけになります。

 

平成27年度 大学等における産学連携等実施状況について:文部科学省

 

上記ページに掲載されている『平成27年度における産学官連携活動の主な取組事例(1/5)』のp.24に紹介されており、『永続地帯指標による地域資源評価とコミュニティ研究の成果を生かした自然エネルギーによる地域農業再生モデルの実践』として取り上げられています。

f:id:chibaecoenergy:20170512164912j:plain

元々、エネルギー政策の研究を長年進めてきた私自身の興味関心から出発し、エネルギーと食料という社会基盤となる2つの資源をどのように安定確保していくかが一つのテーマとなっていましたが、ソーラーシェアリングという形でそれが実現しつつあります。

この視点ではソーラーシェアリングに限らず、地域の農業者と連携した小水力発電バイオマス利用も進めてきており、今年以降はそちらの成果も出せるのではと思います。

また、自然エネルギーと農業という視点からは千葉大学以外からも共同研究の打診を受けており、アカデミックな活動もより一層広げていきたいと考えていますので、今後の展開にご期待ください!

再エネ業界ニュース:岩手県軽米町で進む80MWのメガソーラー建設 - 農山漁村再生可能エネルギー法の活用事例

岩手県軽米町で、農山漁村再生可能エネルギー法を活用した大規模な再生可能エネルギー発電開発が進められていますが、その中でも最大となるレノバのメガソーラー建設が今年3月から着工しています。

techon.nikkeibp.co.jp

軽米町全体では200MWを超える発電所の建設が進んでおり、メガソーラーと鶏糞バイオマス発電所が計画されています。

総事業費はおそらく600~700億円に達すると見込まれ、町予算の10年分程度に相当する大規模事業であることから、上記の記事中でも町長が地元経済への波及効果を期待しています。

本事業は農山漁村再生可能エネルギー法を活用していることから、地域の農林漁業等に対する再生可能エネルギー事業からの収益還元が求められますが、これだけの事業規模に対してどれだけの経済的な恩恵が地域にもたらされ、その振興に寄与するかというのは社会的にも大きな関心事です。

地域に根差した自然エネルギー事業が、地方の抱える様々な問題を解消することが出来るのかどうか、この取組には引き続き注目していきます。