ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

講演・セミナー:ソーラーシェアリング制度改正の緊急セミナー開催 - 一時転用許可期間が10年以内に条件付きで延長

5月15日に公表された、農林水産省によるソーラーシェアリングの改正通知を受けて、株式会社エコ・マイファームによる緊急セミナーを5月24日に開催します。

  • 一時転用許可期間が10年以内となる要件
  • 既存の事業への影響
  • 今後のソーラーシェアリング普及の見通し

などについて、私が解説させていただきます。

まだ席数に若干の余裕がありますので、ご興味のある方は下記のフォームよりお申し込みください。

goo.gl

f:id:chibaecoenergy:20180521124128j:plain

ソーラーシェアリング:一般社団法人ソーラーシェアリング推進連盟が発足 - ソーラーシェアリング普及の全国組織へ

農林水産省による通知改正もあって、今後の普及に向けた大きな動きが続くソーラーシェアリングですが、この度その全国規模の普及組織として「一般社団法人ソーラーシェアリング推進連盟」が発足しました。

ソーラーシェアリング発案者である長島彬氏、城南信用金庫顧問の吉原毅氏、全国ご当地エネルギー協会代表の佐藤弥右衛門氏らを顧問に迎え、環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏など自然エネルギー・ソーラーシェアリングの実践者を理事として、幅広いソーラーシェアリングのネットワーク作りを目指す組織として動き出します。

なお、代表理事は馬上が務めさせていただくこととなりました。
solar-sharing.jp

既に上記サイトで会員募集を始めており、まずはソーラーシェアリングに関する情報発信や政策提言などを軸に活動を深めていきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

また、5月31日(木)15時より、城南信用金庫本店にて設立記念シンポジウムを開催いたします。どなたでもご参加いただけますので、下記のWebサイトよりお申し込みください。

solar-sharing.jp

 

速報・ソーラーシェアリング:農林水産省が通知改正をリリース - 一時転用許可の期間が最大10年に延長

今朝方、農林水産省から「営農型発電設備の設置に係る農地転用等の取扱いについて」とするリリースが発表され、一時転用許可期間を最長10年以内とするための基準などが示されました。

 

営農型発電設備の設置に係る農地転用等の取扱いについて:農林水産省

 

一時転用許可を10年以内で受けるための要件としては

  1. 「担い手」による営農が行われること
  2. 「荒廃農地」を再生利用すること
  3. 「第2種・第3種農地」を利用すること

以上のいずれかの条件に該当することとされました。

それ以外については、従来通り3年以内の許可期間となります。

その他、優良事例の公表、事業チェックリスト、悪質なケースへの対応例などが示されており、今後のソーラーシェアリング普及に向けた地ならしとなる情報が多数公開されています。

今回の改正内容を見ると、過去5年間の国内におけるソーラーシェアリングの普及状況や導入事例をレビューし、「農業のための自然エネルギー事業」という方向性をより強く打ち出しているように思えます。

また、「悪質なケースへの対応例」が示されたことは、全体の半分以上を占めるとされる「営農が適切に継続されていない」あるいは「農業に適した設計となっていない」ような事例に対して、今後指導等の措置に着手することを暗に示しているのではないかと思います。

まだ速報ベースの情報のみとなりますが、今後情報を集めながら続報を掲載していきます。

再エネ業界ニュース:カリフォルニア州で太陽光パネルの設置義務化へ- 新築住宅を対象に2020年から

カリフォルニア州エネルギー委員会が、2020年から新築住宅(3階建て以下)に対する太陽光パネルの設置を義務化したとのニュースです。こういった措置は、全米でも初めてになるとのこと。

jp.wsj.com

省エネ対策も含めて州内の住宅建築コストが100万円程度増えるようですが、現在の住宅建築コストの中央値が6,000万円以上とのことなので、建築コスト全体に占める割合はそれほど多くなさそうです。

設置義務化と聞くと、周辺に建物が密集していて設置してもパフォーマンスが悪い場所も多いのでは・・・?と思ってしまうのは、日本人的な発想なのかも知れません。

州政府の2030年次のCO2削減目標達成に向けた動きの一環ということですが、再生可能エネルギーの普及に向けた新たな取り組みが始まったなという印象です。

日本国内では住宅用太陽光発電のFIT切れが始まる中で「2019年問題」が叫ばれていますが、住宅用太陽光発電が当たり前になる社会における新たなエネルギー活用のあり方を、もっとしっかりと模索していく必要があるのだとも思います。

講演・メディア:The Mainichiに千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機の記事が掲載 - 英文記事として配信

竣工から様々なメディアに取り上げていただいている「千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機」ですが、毎日新聞の海外向けメディア"The Mainichi"にも記事を配信していただきました。もちろん、全文が英語です!

mainichi.jp

こうしてメディアに英文記事として配信されると、英語訳された単語の表現がこんな風になるのかと勉強になることなること。

アメリカ・イギリス・オーストラリアなど英語圏からのアクセスがあるようで、今後海外展開を進めたいと考える中で、このように取り上げて貰えると非常にインパクトがあります。

下記が日本語の元記事なので、是非とも対比しながら読んでみてください。

mainichi.jp