ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

再エネ業界ニュース:太陽光・風力・バイオマス発電の出力抑制訓練実施 - 九州電力と四国電力管内で

九州本土で太陽発電設備を含めた再生可能エネルギー発電設備の出力抑制がいつ行われるかが関心事となる中で、電力広域的運営推進機関(OCCTO)による九州と四国での出力抑制訓練が9月15日に実施されます。

techon.nikkeibp.co.jp

出力抑制とは、電力の供給量が需要量を超過しそうな自体が予想された場合に、発電所の出力を抑制して需給バランスを調整するものです。

特に、太陽光発電設備からの電力供給量が増加する中で、日中帯の電力需給バランスが逼迫する自体が想定されていて、揚水発電所の稼動や火力発電所の出力抑制、地域間連系線等の活用を図っても需給バランスが調整できない場合に、バイオマス発電所太陽光発電所・風力発電所に対して供給停止の指示が出されます。

今回の訓練でも、実際のフローに則った手順の確認などが行われるようです。

日々、「今年の○月には●●で出力抑制が!」といった噂が飛び交うところではありますが、九州の島嶼部では既に太陽光発電設備や風力発電設備の出力抑制が繰り返されている中で、九州本土を始めとして本格的な出力抑制の実施に向けた準備が進んでいるというところだと思われます。

再エネ業界ニュース:9月末に迫るFITみなし認定の手続きの申請期限 - 改正FIT法の詳細を知らない事業者が3割

改正FIT法の施行により、設備認定の手続きが事業計画認定へと大幅に変更になったり、これまで設備認定を受けていた事業者も「みなし認定」として改めて事業計画の提出が必要になったりと、今年はFITを巡る大きな動きが続いています。

しかし、そのFIT法の改正内容は多岐に亘り、制度を利用して発電事業を行っている事業者の全てがその詳細を把握しているわけではありません。

techon.nikkeibp.co.jp

改正FIT法における事業計画認定では、経済産業省が定める発電設備の設計や保守管理(O&M)など様々な事項に適合していることを、事業者は誓約して申請を行います。

チェックリスト方式になっていることもあり、その詳細を確認せずに提出している事例が多いのではと推測されますが、段階的にその誓約内容に対するチェックも行われてくる可能性は否めません。

これまでは、最盛期80GW以上という太陽光発電の設備認定申請に対して、申請内容が適正であるかどうか、また所謂「未稼働案件」対策に焦点を絞って経済産業省資源エネルギー庁は対応を進めてきましたが、今後は新規申請が落ち着いてくること、今回の改正FIT法によるみなし認定手続きが完了することで、次は稼働中の発電所に対する確認を行ってくることになるでしょう。

特に太陽光発電所を巡るトラブルは増加の一途を辿り、台風などの自然災害による発電所の損壊や、電気的事故、景観・環境問題など様々な問題が報告され、またメディアで報じられています。

FIT初期の発電所に限らず、現在でも施工が不十分な設備が見受けられ、またFIT単価の引き下げによる価格競争が進む中で品質の低下も生じてきている可能性があります。

発電事業者にとって、自らが保有する発電設備を適切に管理し、FIT適応期間そしてその先まで含めた安定的な電力供給を行うという責任を果たしていくことが、より一層重要になってくるはずです。

講演・メディア:上田市で「ソーラーシェアリングサミット in 上田」開催 - 匝瑳の取り組みを報告してきました

去る9月2日に、長野県上田市にて「ソーラーシェアリングサミット in 上田」が開催され、講師として匝瑳メガソーラーシェアリングの取り組みやエコ・マイファームでの事業などについてお話しをしてきました。

今回のサミットでは、ソーラーシェアリングの考案者である長島彬先生のほか、城南信用金庫の吉原顧問、匝瑳メガソーラーシェアリングを運営する匝瑳ソーラーシェアリング合同会社の関係者などがゲストとして招かれました。

下記の信濃毎日新聞の記事で、当日の様子が詳報されています。

www.shinmai.co.jp

会場となったのは、JR上田駅から更に車で20分ほど離れたところにある『塩田の里交流館(とっこ館)』で、研修・イベントスペースを2つ併せてセッティングされた会場には満員に近い80名以上の参加者が全国各地から集まりました。

吉原顧問による基調講演や、長島先生による「近い将来のソーラーシェアリング像」に関する講演など、関係者の興味・関心を惹くお話しが続く中で、私からは匝瑳メガソーラーシェアリングのスキームや現在の耕作状況、そして5月に設立した株式会社エコ・マイファームが行っているソーラーシェアリングの事業化支援について講演しました。

参加者は農業者からEPC、発電事業者、行政関係者、金融機関関係者、研究者、学生など幅広く、質疑でも事業に関する点から技術的なもの、実際に普及させていくにあたっての課題など活発な意見が交わされました。

先週は岐阜・大阪とソーラーシェアリングに絡んだ講演を経ての上田入りでしたが、どこへ行ってもソーラーシェアリングに対する関心の高さが伺えるようになってきていて、本格的な普及期に差し掛かりつつあることが肌で感じられます。

9月に入り水稲の収穫が落ち着いてくる中で、更に全国を巡る機会が増えていきそうです。

ソーラーシェアリング:建設が進む匝瑳3号機を初公開 - 新型アルミ架台のソーラーシェアリング設備

匝瑳市では稲刈りが最盛期を迎える中、ひっそりと千葉エコ・エネルギーとして3機目となるソーラーシェアリングの建設工事が進んでいます。

井川町の水田ソーラーシェアリングに続いて、アイセス社と共同開発したソーラーシェアリング用の単結晶24セルモジュールアルミ架台 with 浮沈防止BASEを採用しています。

f:id:chibaecoenergy:20170830090935j:plain

今回の計画地は3,500㎡の畑で、そこに1,200㎡のソーラーシェアリング設備を設置します。DC容量は66.88kWp(110W×604枚)で、遮光率は33%以下となる設計です。

下の写真で見ると、右手奥から左手手前に向けた傾斜地になっているので、今回は何と傾斜地対応設計も採用しています。

畑の栄養分が集まっている表土を一切均したりすることなく設置するため、架台上部構造には一定の傾斜を付け、スクリュー杭の微細な打ち込み深さの調整によって傾斜地対応を実現しています。

f:id:chibaecoenergy:20170830091258j:plain

架台は上部のトラス構造で支える形になっているので、従来の単管パイプ式とは違って低いところへの筋交いがなく、非常にスッキリとした見通しになっています。また、東西南北の全方向から農業用機械が進入可能です。

支柱の間隔だけでなく高さも十分に余裕を持たせているため、60~70馬力のトラクタでも作業が可能な空間を確保されていて、圧迫感もない作りにすることが出来ました。

f:id:chibaecoenergy:20170830091622j:plain

上の写真が、高台から撮影した発電所の全景です。

今後、水田や畑地におけるソーラーシェアリングのスタンダードとなるモデル作りを目指して、「匝瑳飯塚 Sola Share 3号機」は間もなく完工予定です。

ソーラーシェアリング:ソーラーシェアリングの下の大豆栽培 - 飯塚地区の大豆は更に大きく育っています!

今月の頭に、匝瑳市飯塚地区のソーラーシェアリング設備下での大豆生育状況をポストしましたが、お盆明けに訪れたところ大豆は更なる成長を見せていました。

今年は、昨年のような鳥獣被害(野鳥による新芽の食害)は回避することができ、下の写真の様に発電設備の下一面に大豆が元気に育っています。

f:id:chibaecoenergy:20170825142120j:plain

8月頭からの天候不順はあったものの、発電設備のある場所とない場所を対照しても生育状況に差異は見られていません。

下の写真はちょうどその対照ができる場所になりますが、左側が設備の影が落ちる部分で、右側は影がない部分です。

f:id:chibaecoenergy:20170825142353j:plain

こちらの農業は地元農業法人であるThree little birds合同会社が担当していますが、昨年に比べて耕作面積が一気に増加し、前年比10倍以上の約45,000㎡ほどを今夏は耕しています。

飯塚地区内では新しいソーラーシェアリング設備の建設も進んでおり、千葉エコとしての3号機となる設備を含めて現在2機が工事中なので、今年の冬から来夏にかけて更に耕作面積が拡大(そして耕作放棄地は解消)していく見込みです。