ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

固定価格買取制度:事業用太陽光発電の全てを入札対象に - 経済産業省が専門委員会に提示

昨年からスタートした事業用太陽光発電(出力2000kW以上)の入札制度の第2回入札が行われ、落札者なしとなったことが大きな話題になっています。
第1回入札では上限価格が21円/kWhと定められ、最も安価な事業者は17円20銭の札を入れていました。結果的には、入札量の合計が予定値に届かず全ての入札案件が落札となったものの、落札後に辞退が相次ぐなど入札制度が太陽光発電事業の実態に即していない現状を露呈しました。
これに対して、昨日開催された「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会(第8回)」では、2025年度の太陽光発電コスト目標達成に向けたFIT単価目標や、入札制の拡大に関する提案が経済産業省側から提示されていました。
詳しくは、下記の記事によくまとめられています。

www.itmedia.co.jp

経済産業省の提示したところでは
  • 7円/kWhのコスト目標に対するFIT価格は8円50銭/kWhとなる
  • そのため2022~2024年度には8円50銭/kWhのFIT価格を目指す
  • 事業用太陽光発電のコスト削減を促すために全てを入札対象とする

などがあります。

価格目標自体には妥当性を感じる部分もありますが、来年度から事業用太陽光発電の全てを入札対象にするというのは拙速すぎる印象です。

これまでのFIT制度の逐次改正による混乱や、現在の2,000kW以上を対象にした入札の問題点についての反省は見られず、「国民負担の抑制」だけを旗印に突っ走ろうとしているように見えます。

少なくとも、事業用太陽光発電を全て入札対象とするのであれば、再エネの優先接続などを前提とすべきですがその視点も抜け落ちており、再エネに対して「コスト」しか見ていない経済産業省の姿勢を露見する形となってしまっています。

 

講演・メディア:ITmedia スマートジャパンでソーラーシェアリングの連載開始 - 第1回はその意義から

昨日9月10日より、ITmedia スマートジャパンで私が執筆するソーラーシェアリングの連載記事がスタートしました!第1回となる今回は、そもそもソーラーシェアリングとはどのような期待がされている取り組みなのか?を取り上げました。

www.itmedia.co.jp

公開日である昨日は、早々に記事ランキングトップに躍り出るなど、ソーラーシェアリングへの衰えることのない関心の高さを感じました。

これから概ね隔週ペースの更新で、テーマを区切ってソーラーシェアリングに関する様々な内容を取り上げていく予定ですので、お楽しみに!

再エネ業界ニュース:茨城県のほぼ全域で再エネの新規接続が不能に - 東京電力が募集プロセス開始

東京電力パワーグリッドより、茨城県のほぼ全域と栃木県・群馬県の一部を対象とした募集プロセスの開始申込みについてのニュースリリースが出されました。

これにより、対象地域では再生可能エネルギー発電設備の新規接続が当面の間停止することになります。

www.tepco.co.jp

「電源接続案件募集プロセス」は、特別高圧の送電系統の増強工事が必要となり一定以上の工事負担金が見込まれる場合に、電力広域的運営推進機関(OCCTO)へ電気供給事業者が募集プロセスの開始申込みができます。

北東北の募集プロセスが特に有名ですが、これが開始されると高圧以上の接続検討などが全て止まることになり、プロセス完了まで新規の接続申込みが原則できなくなります。

今回どの程度の期間を要するかは不明ですが、対象地域の広さから数年~10年単位になることが予想されます。

講演・メディア:日刊工業新聞に記事掲載 - リモコン重機の反響再び

8月初旬に千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機で実施した、リモコン重機を活用した農作業実証を日刊工業新聞に取り上げていただきました!

www.nikkan.co.jp

株式会社ギガソーラーとの共同事業として実施した、このリモコン操作式の除草機械を使った農作業実証は、これから千葉エコとして目指すソーラーシェアリングと組み合わせた新たな農業機械体系の構築を目指す第一歩です。

今後も新たな機械実証などを進めていきますので、ご期待ください!

 

当時のニュースリリース

www.chiba-eco.co.jp

講演・メディア:環境ビジネスオンラインで連載スタート - ソーラーシェアリングの記事連載

8月20日に公開された「週刊 環境ビジネスオンライン」から、私のソーラーシェアリング連載記事がスタートしました!

記事公開に伴い、今だけ環境ビジネスオンラインのPC版トップページが千葉市大木戸アグリ・エナジー1号機になっています。

www.kankyo-business.jp

トップページに「ソーラーシェアリングで、農村は一大再エネ供給地に生まれ変わる」と載せていただきましたが、ソーラーシェアリングに寄せられている期待と、これからの新しい展開を考えたときに、間違いなく日本そして世界の農村にとって大きな転換点になると確信しています。

第1回となる今回は「ソーラーシェアリングと地域経済」と題して、ソーラーシェアリングによる農業者の所得向上などが地域経済に与えるインパクトなどを取り上げました。

全4回での掲載となりますので、是非ご覧ください。