読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちばえこ日和

日本初の博士(公共学)という学位を持つ大学発ベンチャー「千葉エコ・エネルギー株式会社」の代表が、自然エネルギーのことから地域活性化まで様々な話題をお届けします。

ソーラーシェアリング:冬の匝瑳1号機の様子 - 緑肥として麦を生やしています

自然エネルギー ソーラーシェアリング 千葉エコ 農業

節分も過ぎ、春一番も吹いていよいよ新しい季節の訪れを感じる今日この頃、昨年春に運転を開始した"匝瑳飯塚 Sola Share 1号機"も間もなく1年を迎えようとしています。

f:id:chibaecoenergy:20170219221402j:plain

発電所の完成以降、非常に多くの方々が見学に訪れ、1月には農林水産省の事例集に取り上げていただきました。

今は季節的には農閑期ですが、この冬は晴れが多く発電も好調な中、設備の下では緑肥として麦を育てています。

f:id:chibaecoenergy:20170219221411j:plain

茶色い地面にうっすらと緑色の麦が生えている・・・のが分かります。

写真の奥の方には1月に完工した2号機が見えています。

これを撮ったのは13時頃ですが、冬は影が伸びるので遮光率は50%に近い状態でしょうか。ちょうどパネルの影と日差しが当たっている部分が半々くらいです。

春には麦が一気に成長し始め、それを緑肥としてすき込んだ後にはまた大豆播種の季節がやってきます。

再エネ業界ニュース:三重県が太陽光発電設備を景観計画に位置づけ - 新たな届出対象に

再エネ業界ニュース 自然エネルギー O&M 維持管理 景観問題

太陽光発電設備に対する景観規制が各地で少しずつ進む中、新たに三重県が景観計画に基づく届出制度の対象に太陽光発電を加えました。

平成29年4月1日以降に着手する設備が対象になるということです。

www.pref.mie.lg.jp

今回の景観計画変更により、対象となる太陽光発電設備については以下のように定義されています。

 【届出対象行為】

太陽光発電施設(同一敷地、一団の土地若しくは同一水面に設置するもの又は建築物と一体となって設置されるもの。)」の新設、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更

【届出対象規模】
「高さ 13mを超えるもの(建築物と一体となって設置されるものにあっては、建築物上端から当該太陽光発電施設の上端までの高さが 5mを超え、かつ、地盤面から当該太陽光発電施設の上端までの高さが 13mを超えるもの)又は太陽電池モジュール(太陽光パネル)の合計面積が 1,000 ㎡を超えるもの」

※ただし、「熊野川流域景観計画」の区域においては、規模に関わらず届出が必要

太陽光パネルの合計面積が1,000㎡とありますが、野立てで主流となりつつある72セルの結晶系モジュールが約2㎡/枚なので、パネル出力160kW程度の太陽光発電から今回の届出対象規模になることになります。

今回の対象拡大によって太陽光発電施設の設置に関する景観形成ガイドラインが策定され、太陽光パネルを含む設備の色彩や素材、設備の配置や緑化、維持管理について定めていますが、その中身はなかなかにこだわった内容です。

一部を下記に引用します。

 (1) 色彩、素材
太陽電池モジュール(太陽光パネル)の色彩は、周囲の景観と調和した色彩(建築物の屋根等に設置する場合は、屋根等と一体的に見える色彩)とし、低明度かつ低彩度で目立たないものとするとともに、原則として、黒、ダークグレー又はダークブラウンの中から選択すること。
太陽電池モジュールは、低反射(反射光を抑える処置がなされたもの)で、文字や絵、図等が描かれていないなど、模様が目立たないものを使用すること。
③ フレームや架台の色彩は、太陽電池モジュールと同様に、周囲の景観と調和した色彩とすること。
④ パワーコンディショナー、分電盤、フェンス等の附属設備の色彩は、周囲から太陽光発電施設が見えないような措置等を行う場合を除き、ダークブラウン等、周囲の景観と調和した色彩(建築物に設置する場合は、建築物と一体的に見える色彩)とすること。

ということで、太陽光パネルの色彩を黒、ダークグレー又はダークブラウンの中から選択すること(フレームも含む)や、PCS・分電盤・フェンスも周囲の景観と調和した色彩とすること、としています。

低反射・防眩措置の取られた太陽光パネルはありますし、黒っぽい色彩のものもありますが、この「原則」がどこまで適用されるのかは気になる所です。

こういった景観規制の先行事例として千葉県山武市の例がありますが、そちらでも色彩に対する配慮が求められています。

また、ソーラーシェアリングでも農地農村景観との調和が今後の課題です。

規制が増えていくことによってメーカー側の対応も進んで行けば、太陽光発電所のある風景というのもまた変わっていくのかも知れません。

ソーラーシェアリング:徳島県はソーラーシェアリングに厳しい?という話

再エネ業界ニュース 自然エネルギー ソーラーシェアリング 農業

先週末にソーラーシェアリング事業の現地調査のため、徳島県に行ってきました。

人生初となる四国入りです。

瀬戸内側も太平洋側も日照時間が全国平均より長い四国ですが、ソーラーシェアリングもある程度普及しているという情報は耳にしていました。

今回は、主に山間部での耕作放棄地問題や農業後継者不足にソーラーシェアリングが役立つところがあるのでは?ということで、地元の方の要請を受けての出張です。

徳島県の農業の現状

徳島県の農業センサスによると県内の耕作放棄地面積は4,577haあり、農業後継者の有無で見ると農家17,958戸のうち同居農業後継者がいるのは5,677戸にとどまります。

同居していない農業後継者がいるのは3,888戸であり、合計すると9,565戸(53%)が後継者のいる農家です。市町村別で見ると後継者がいないとする農家が60%を超える地域も複数あるほか、農業就業人口の平均年齢は66.8歳となっていて、7つの自治体では70歳を超えている状況にあります。

この平均年齢の高さは全国的な傾向ですが、徳島県も例に漏れていません。

ソーラーシェアリングが厳しい?

さて、そんな徳島県下で「ソーラーシェアリングが厳しい」とされる理由を探ってみると、やはり営農の安定的な継続が図られていないような事業が複数あるようです。

発電設備に背が高いだけの野立て架台を採用していたり、栽培する作物と遮光率のバランスが考慮されておらず、結果として作物の収穫量や品質に悪影響を与えてしまっている事例があり、それを受けて一時転用許可の許可権者である県が厳しく審査をしていると見られます。

まだ一度訪れただけですので、引き続き現地に足を運んで現状の把握に努め、詳しい状況が分かれば改めて情報を整理していきます。

ソーラーシェアリング:民進党エネルギー調査会でソーラーシェアリングについて議論してきました

固定価格買取制度(FIT) 再エネ業界ニュース 自然エネルギー ソーラーシェアリング 地域活性化 農業

ソーラーシェアリング界隈が大きな盛り上がりを見せる今日この頃ですが、昨日は民進党のエネルギー環境調査会に招かれてソーラーシェアリングに関する農林水産省を交えた議論に参加してきました。

f:id:chibaecoenergy:20170202153752j:plain

人生何回目かの衆議院第二議員会館ですが、今回は初めて地下の会議室に入りました。

通常国会の会期中ということもあり、蓮舫代表や菅元総理を始めとして多くの民進党議員が参加する会合でした。(下記の写真の真ん中でマイクを握っているのが私です)

f:id:chibaecoenergy:20170202153816j:plain

農林水産省に事前送付していた質問内容への回答を受けながら、ソーラーシェアリングの普及に対する方針や本省で把握している各都道府県の状況、現在の制度運用における課題などについて議論を重ねました。

最大の関心事となったのは、やはり一時転用許可の期間や許可基準についての話で、特に設備の設置が作物の栽培に影響がないことを立証するための専門家による意見書取得は大きなハードルとして言及しました。

農水省側の宿題として持ち帰っていただいた事項もある中で、引き続きソーラーシェアリングを良い形で普及させるために、こういった場を活用させていただいて情報交換や制度見直しの提言などを図っていきます。

電力小売自由化:東京電力パワーグリッドが託送料金を誤請求 - 総額900万円を過大請求

資源エネルギー政策 固定価格買取制度(FIT) 電力自由化・発送電分離 新電力

電力自由化に絡むトラブルが相次いでいますが、今度は電気の送配電を担う東京電力パワーグリッドが託送料金を誤請求していたと発表しました。

対象は41社・3,145件に上ると言うことです。

www.tepco.co.jp

託送料金とは、発電所から家庭やオフィス・工場などの需要場所まで電気を届けるに当たって、送電線を使用するための料金のことです。

東京電力パワーグリッドは、大きく4つの事例で誤請求が発生したとしています。

  1. 電気の使用停止について託送業務システムへの反映漏れ
  2. 契約容量の変更について託送業務システムへの反映漏れ
  3. 自由化メニュー・経過措置メニューの託送料金二重請求
  4. 申込み内容の入力遅延や誤入力により、託送料金を誤請求

いずれも託送業務を管理するシステムへのデータ入力の誤りが原因とみられ、東京電力パワーグリッドは

作業手順の未整備・未定着や要員不足による、当社託送業務システム※への反映処理遅れや誤り

が原因であったとしています。

誤請求については随時返金をしていくとのことですが、先日取り上げたエリアインバランスの問題を含めて制度の移行に伴うトラブルはまだまだ発生していきそうです。